梅便り

天気の良い日曜日、混んでるだろうな~とは思いつつ、久しぶりのジョギングもかねて大阪城の梅林

へ。遠目でもわかるくらい梅林園はそこそこの人だかりでしたが、園内は、ピンクや紅、黄色の色とり

どりな梅の花と青空とのコントラストがとても美しく、一時、心が和みました。

 



 

 

さてさて、こちらのチェコビーズたち、大阪のビーズやさんを巡った際、仕入れたものです

ありそうで中々ないこの風合いの白色ビーズは、1920年代前後のアールデコ時代のもの。

100年もの時を経てきた彼らは、一粒づつが違う表情を持ち、それぞれに手づくりの温かみを感じさせ

てくれます。2層になっている緑のビーズ、こちらは現代のものですが、あまりお見かけしない珍しい

タイプ。これらでどんな作品を作ろうかと考えるたびにワクワクする私、出来上がりが楽しみです♪